ブログ
blog

勉強会

ブログ
2016.06.22

こんにちは♪♪ 夢現設計室 の南 葵と申します。

先日、ゼロエネルギー住宅のZEHについて社内で勉強会が開かれましたので、こちらでご紹介させて頂きたいと思います。

外部で開かれた、ZEHについての勉強会に参加させて頂いた、弊社社員の仲田さんを筆頭に今回の勉強会は開かれました。

 

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略で、

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅をZEHと言います。

これは、アベノミクスによる政府の働きかけで、住宅については2020年までにZEHを 標準的な新築住宅とすること、2030年までには新築住宅の平均でZEHの実現を目標としています。

そこで、新しく家を建てる方がZEHの仕様を導入しやすいように、国が補助金を出し、普及を促進させいるのです。

では、どのようにしてゼロエネルギーハウスが実現するのでしょうか。

①壁を室内側に(30㎜~60㎜)ふかすことにより、外壁の熱損失を防ぎ外皮性能を上げる。

②高性能ガラスの採用

アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複合ガラスを使用する事で、開口部からの平均熱貫流率が 263.5 → 189.3 まで下がります。

この様な手法などを組み合わせ、ZEHの基準をクリアする事で、国からの補助金を受け取ることが可能になり、快適でほぼ自給自足が実現する生活を手にすることができるのです。

これは、その勉強会の様子です。

image3 image4 image2

弊社では、この様に毎月各自でテーマを持ち寄って勉強会を実施しています。

テーマは、自由で時には外部からお客様を招き、開催することもあります。

また、随時ブログでご紹介していきたいと思います~!!