ブログ
blog

大連レポート2013

ブログ
2013.02.27

もうすぐ3月ですが、まだまだ寒い日が続きますね。
早く春になってほしいものです。
先日、中国の大連に取引先との交流に行ってきました。
写真ではあまりわからないですが、うっすら靄がかかっているような景色でした。
PM2.5は大連ではあまり影響はないようで良かったです。
マスクをしている人もいませんでした。


大連の街中は想像とは違いました。
実際街中を歩いてみると南京町のような建物は中国料理店くらいでした。

中国の方は基本的にさ湯を飲むと聞きました。
実際に食事をする所ではテーブルにはどのお店でも
初めにさ湯でお茶はありませんでした。
大連は大阪より気温も湿度も低く、店内に入って
さ湯を頂くと温かさとのどが潤いホッとしました。

今回、行った中国料理店ではメニューではなく、入口のすぐそばに水槽があり
そこからまだ生きている海鮮を選び、調理して頂くものでした。



食べ物はあっさりと身体にやさしい味付けで、日本の中華料理に
比べて香辛料が効いていて美味しかったです。
中国の方とは仕事の話だけでなく、お互いの文化に関することを話しました。
日本では生まれが0才ですが、中国は1才であることや
春節のお話を聞いたり、日本の放射能に関する質問があったりと
普段は仕事の話だけですが、直にお会いすることでお互いの文化や考え方の違いを学び
良い経験になりました。
今後に役立てていければ良いとと思います。